Mac Pro 2019

前回の「Mac Pro 2019 レビュー その1 購入編」に引き続き、今回は恒例のRAWデータの現像スピード比較です。

Mac Pro 2019」と「Mac Pro Late 2013」で比較してみました。

 

それぞれの Mac Pro のスペックは下記の通りです。

Mac Pro 2019

  • CPU : 3.3GHz 12Core Intel Xeon W
  • メモリ : 48GB 2,933MHz DDR4 ECC
  • GPU : AMD Radeon Pro Vega II 32GB HBM2メモリ
  • ストレージ : 2TB SSD 

Mac Pro Late 2013

  • CPU : 3.7GHz 4Core Intel Xeon E5
  • メモリ : 16GB 1,866MHz DDR3 ECC
  • GPU : Dual AMD FirePro D300 2GB GDDR5 VRAM
  • ストレージ : 512GB SSD 

両方のMac ProともOSは現時点で最新の「macOS Catalina 10.15.2 」で、DPPのバージョンも現時点で最新の「4.11.1」です。

 

 

今回も以前と同様のデータを使用しています。

各カメラのRAWデータ10枚を「Tiff 8bit」の画像に現像し終わるまでの実測時間です。

5DsR-M」の項目は、「EOS 5DsR」 の 「M-RAW」のデータです。

 

 

で早速、結果です。

 

5DsR

5D4

5DsR-M

6D

Mac Pro(2019)

1分12秒

44秒

37秒

27秒

Mac Pro(Late 2013)

2分20秒

1分25秒

1分9秒

54秒  

 

Mac Pro 2019」は、「Mac Pro Late 2013」のほぼ半分の時間です。

「速いですね〜。」と言いたいところですが、価格差が3倍以上あるのでもう少し大きな差があっても….。

 

 

で、前回の「Mac mini 2018編」の結果も載せちゃいます。

 

5DsR

5D4

5DsR-M

6D

Mac mini 2018

1分36秒

1分00秒

49秒

37秒

MacBook Pro 13(2018)

2分11秒

1分18秒

1分03秒

50秒

iMac 27(2017)

2分14秒

1分20秒

1分04秒

51秒

MacBook(Early 2016)

6分11秒

3分49秒

2分58秒

2分37秒

OSやDPPのバージョンが微妙に違うので単純比較はできませんが、現像時間に大きな差はないと思います。

 

Mac mini 2018」は、Apple Store 価格「 276,800円 (税抜き)」の盛々スペックなのですが、それでも「Mac Pro 2019」と比べて「価格4分の1」程なので、こと「DPPでRAWデータ現像」に関しては「コスパ最高!!」です。

 

created by Rinker
Apple(アップル)
¥135,080 (2020/09/27 12:54:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

今となっては「Mac Pro Late 2013(初期のベースモデル)」は、かなり遅い部類になってしまいました。

 

詳しいことはわかりませんが、DPPでRAWデータを現像する時にかかる時間は「総合的なマシンパワーが高いMac」の方が当然速くなりますが、「スペックが多少低くても発売時期の新しいMac」も速くなる傾向にあります。

なので、「Mac Pro Late 2013(初期のベースモデル)」を使用されている方は、色々な面で私と同様そろそろリプレースを考えられたほうが良いかもしれません。

今回は、ここまで。

 

Mac Pro 2019 レビュー その3 3DCG編

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です