MacBook Pro 16 2021

今回は、「 禁断のRAWデータ 現像スピード比較 MacBook Pro 16 2021 M1 MAX 編(大悲報..) 」です。

 

新しいMacを手に入れる度に行っております「 RAWデータ 現像スピード比較 」を「 MacBook Pro 16インチ 2021 M1 MAX 」と「 Mac Pro 2019 」でやってみました。

 

各Macの詳細スペックは下記のとおりです。

 

●MacBook Pro 16インチ 2021

  • 10コアCPU、32コアGPU、16コアNeural Engine搭載Apple M1 Max
  • 32GBユニファイドメモリ
  • 1TB SSDストレージ
  • mac OS Monterey 12.3

Apple Storeで売っているMac Book Pro 16インチの1番上のモデルそのままです。

 

●Mac Pro 2019

  • 3.3GHz 12コアIntel Xeon Wプロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.4GHz)
  • 80GB(6 x 8GB + 2 x 16GB)DDR4 ECCメモリ
  • AMD Radeon Pro Vega II 32GB MPXモジュール
  • 2TB SSDストレージ
  • mac OS Big Sur 11.6.5

 

 

DPPのバージョンは、どちらの Mac も現時点で最新の「 4.16.0 」です。

ちなみに、「 DPP4 」は、「 M1 」にネイティブ対応しておらず、「 Rosetta 2 」での動作となります。

Digital Photo Professional ver.4

いつもと同様に各カメラの RAW データ 10枚 を「 Ditigal Photo Professional 4 (DPP4)」 で「 8bit Tiff 」に現像し終わるまでの実測時間です。

 

早速結果です。

じゃん。

 

5DsR

5D4

5DsR-M

6D

MacBook Pro 16 2021

1分3秒

37秒  

29秒  

24秒  

Mac Pro 2019

1分13秒

46秒

38秒

28秒

 

予想通りと言いますか、記事のタイトルからすでにお分かりかと思いますが、「 MacBook Pro 16 2021 」の方が早いです。。

Rosetta 2 」で動作しているにも関わらず、「 約1.15倍〜1.3倍 」くらい早いです。

もう、コメントのしようがありません。

 

実際、OSの操作感も「 Mac Pro 2019 」より「 MacBook Pro 16 2021 」の方がサクサクしてる感じがします。

使い心地が「 MacBook Pro 16 2021 」の方が正直良いです。

 

Blackmagic Disk Speed Test 」の実測値がそれぞれ下記の通りで、SSDの読み書きのスピードが2倍くらい早いのでこの辺が結構影響している様にも思います。

 

Mac Pro 2019 → WRITE 約2,500 MB/s / READ 約2,800 MB/s

MacBook Pro 16 2021 → WRITE 約5,800 MB/s / READ 約5,200 MB/s

 

サブ機のつもりで購入したのですが、「 Mac Pro 2019 」がサブ機になりそうです。

 

以前の記事で書きましたが、仕事のデータが膨大にあるので「 Mac Pro 2019 」には「 8TB10TBHDD 」と「 2TBSSD RAID 」を追加で内蔵しており、「 USBポート 」もさらに追加していたりしております。

業務上必要なのでこの様な構成になっているのですが、こういった使い方が必要な方でない限り、もう「 Mac Pro 2019 」を購入する理由はないですね。

 

単純にスピードだけが必要な方でしたら、現状では先日発売された「 Mac Studio 」の「 M1 ULTRA 」一択ではないでしょうか。

或いは、そう遠くない未来に「 M1Mac Pro 」が出ることは間違いないと思いますので、それを待っても良いかもしれませんね。

 

今回は、ここまで。


0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。