今回は、「 MacBook Pro 16インチ 2021 」のレビューです。

 

そろそろ各社アプリが対応し始めていることや、現状仕事のサブ機として使用している「 MacBook Pro 13インチ 2018 」がサブ機としても性能的に少々厳しいこともあり、仕事のサブ機として「 MacBook Pro 16インチ 2021 」を新たに導入することにしました。

MacBook Pro 16インチ 2021

発売から4ヶ月ほど経ち、各所でレビュー記事が散見されますが、鯱カメ的視点でレビュー記事を書いてみようと思います。

 

今回導入したのは、

  • 10コアCPU
  • 32コアGPU
  • 32GBユニファイドメモリ
  • 1TB SSDストレージ

Apple Store で販売している16インチモデル3種の内、一番上位のモデルそのまま。

量販手でも普通に販売してる「 M1 MAX 」搭載モデルです。

 

 

こちら割と早めに注文したものの、手元に来るまでに数ヶ月かかりました。

何故か「 M1 MAX 」の最上位モデルは品薄のようです。

 

 

私は以前「 MacBook Pro 16インチ 2019 」を使用していたことがあるのですが、

2019 」と「 2021 」は、見た目が大きく違いますね。

2021 」の方が何か分厚い印象を受けます。

ですが、それぞれの仕様で比較すると「 2021 」の方が「 0.6mm 」厚くなっただけ。

差は「 1mm 」 も満たないので、極端に分厚くなったというわけでは全くないのですが、「 2021 」の方は端までフラットな形状で、「 2019 」の方は端に向かって薄くなっているので、それが見た目に大きく影響している様です。

不思議ですね。

 

それから、キーボードも大きな変更点ですね。

Touch Bar 」は、数年前から13インチでも16インチでも使用していますが、正直あまり好きではありませんので、通常の物理キーに戻って良かったです。

 

13インチは「esc」キーも「 Touch Bar 」なので気付かずに押して(触れて)操作がキャンセルされたり。。

 

物理キーから暫く遠ざかっておりましたが、実際使ってみるとやっぱり物理キーの方が遥かに使いやすいと改めて実感しました。

 

M1 PRO M1 MAX

あとは、中身ですね。

M1 Mac 」の詳細については、既に各所に説明が上がっておりますので割愛しますが、「 Intel Mac 」とは全く別物。

以前の記事で「 M1 」搭載の「 MacBook Air 」の性能に驚かされましたが、今回新たに「 M1 MAX 」になって、大幅に性能が上がっておりますので期待値MAXです。

更に「 MacBook Pro 16インチ 2021 」は、単純にCPU / GPUのコア数の増加だけにとどまらず、なにげにSSDの読み書きスピードや、「 M1 MAX 」の場合はメモリ帯域幅も大幅に向上しているので尚更期待大です。

 

で、次回以降の性能等についてのレビューの前に、とりあえず各アプリの「 M1 」での動作状況について触れようと思い、私が普段仕事で使用しているアプリをあれこれインストールしてみたのですが、これがなんと全て問題なく動作してしまいました。

確かに「 Rosetta 2 」がかなり優秀とは聞いていましたが、本当に優秀です。

ネイティブ対応しているアプリなのか、「 Rosetta 2 」で動作しているのか使用感だけでは全くわかりません。

 

「インストールができなかった」「インストールできたけどアプリが立ち上がらない」等々は、全くありませんでした。

もう、仕事でも問題なく使用できそうです。

 

次回以降は、「Mac Pro 2019」との性能比較等のレビューを書きたいと思います。

 

今回は、ここまで。

 

MacBook Pro 16インチ 2021 レビュー その2 ディスプレイ設定 リファレンスモード 」へ

 

カテゴリー: 機材レビュー

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。