オリンパスから、ミラーレスカメラ「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark IV」が9月18日に発売されます。

価格はオープンとのこと。

店頭予想価格はボディ単体が税別9万円前後、ダブルズームキット(14-42mm F3.5-5.6 EZ+40-150mm F4.0-5.6 R)が税別12万円前後。

カラーはともにシルバーとブラック。

EVF内蔵のマイクロフォーサーズ機「OM-D」シリーズで最も手頃なE-M10シリーズの最新モデルです。

ボディ内5軸手ブレ補正(4段→4.5段分に向上)やセルフィー対応のチルト式モニターを搭載し、キットレンズの「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」(35mm判換算28-84mm相当)と組み合わせた重量は500gを切る(約476g)点が特徴。

 

撮像素子は約2,030万画素。

画像処理エンジンはTruePic VIII。

EVFは236万ドット。

AF機能はコントラストAFのみ。

外形寸法は121.7×84.4×49.0m。

重量は383g(バッテリー、メディア込み)、335g(本体のみ)。

 

マイクロ・フォーサーズにはあまり縁がありませんが、キットレンズと組み合わせで500gを切り、価格も抑えめでちょっと良さげですね。

いかがでしょうか。




カテゴリー: 新製品ニュース

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です