スポンサーリンク

Nikon D5500 SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM EOS 6D Mark II パロディー

「軽やかにDXフォーマット」「バリアングル・DXフォーマット」
と言うわけで、以前より「真の山カメラ」の購入を検討していたのですが、ついに「Nikon D5500」に決めました。

「Canon派」ですが「Nikon D5500」です。

私的に設定した「真の山カメラ」の条件は、下記の通り。

  • センサーサイズAPS-C以上
  • 画素数2,400万画素以上
  • バッテリー1本でファインダー撮影時に800枚以上撮影可能
  • カメラボディー重量500g以下(バッテリー等含まないカタログスペック値)
  • できればインテリジェンスなAF&ファインダー(透過型液晶でAFポイントが多いもの)
  • 現時点で比較的簡単に手に入りそうな機種であれば新品でも中古でもOK

レンズは、登山中に交換したくないので基本的にはフルサイズ換算28mm-200mm程度の高倍率ズームで、重量が500g以下。

つまり、総重量は1kg以下。

と、上記の様に設定するとカメラボディー自体の選択肢はほとんどなく、合致するカメラは下記のものくらい。

  • Nikon D5500
  • Nikon D5600
  • Canon EOS Kiss X9i
  • Canon EOS 9000D

「EOS Kiss X9i」は、どうしても「EOS 9000D」から「ちょっとだけ機能を減らした機種」のように感じてしまい、だったら「EOS 9000D」の方が良いかと。

メーカーさん的には、「EOS Kiss X9i」にもう一歩突っ込んだ機能を搭載したのが「EOS 9000D」なのでしょうけど。

D5600は、「SnapBridge」と言うスマートフォン等との連携機能のための「Bluetooth」搭載と、「タイムラプス動画」が撮れること、重さが5g軽いこと、撮影可能枚数が970枚に増えたことくらいで、後はD5500とほとんど同じ。

特にスマートフォン等と連携しようとは思っていないので、D5500でも使用用途には問題なく、結局候補として残ったのがD5500、D5600、EOS 9000Dの3機種。

この3機種の山カメラ条件項目を一覧にすると下記の通り。

 

有効画素数 

撮影可能枚数

重量    

Nikon D5500

2,416万画素

820枚

420g

Nikon D5600

2,416万画素

970枚

415g

Canon EOS 9000D

2,420万画素

820枚

493g

こうなると、「キヤノン派」の私としては、持っているレンズが全て使えるので、当然「EOS 9000D」しかないのですが、問題点がいくつか。

まず、Nikon D5000シリーズに比べて重いこと。

まぁ、ボディは70〜80g程度の差なのでわずかですが、例えば、「EOS 9000D」と「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」あたりを組み合わせると、カタログスペック値で1kgを超えてしまいます。

また、EOS 9000Dは、現時点で発売して間もないので中古でも価格が高いこと。

岩にぶつけたり、雨に濡れたりで壊す可能性も高いので、できれば安い方が。

そんなこんなで結構長いこと悩んでいたのですが、先日、たまたま良く行く中古カメラ店のwebサイトを見ていたら、Nikon D5500 中古美品 6ケ月保証付が税込43,200円で売っているのを見つけてしまい、あっけなく終了。

で、レンズは、Nikon純正の「AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR」あたりが良かったのですが、ズームリングの回転方向がニコンとキヤノンで逆なので、ここがどうしても引っかかり、ネットで色々物色していたらSIGMAの「18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM」が価格も安く、ズームリングの回転方向がキヤノンと同じ、「Contemporary」シリーズで写りも割と良さそうな感じでしたので、こちらを新品33,000円程で購入。

重さも430gなので、カタログスペック的には、

「Nikon D5500」 420g + 「SIGMA 18-200mm」 430g = 850g

軽い!

SIGMAの一部のレンズは、有償ですが後からマウントを変更することができます。
キヤノンのAPS-C機に乗り換えた場合には、マウントを変更して使用することもできます。

 

Nikon D5500 / SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
Nikon D5500 / SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM / 絞り優先AE(1/350秒・F8・-1/2EV) / ISO100 / 200mm(300mm相当)

この記事を執筆時点で、既にこのカメラとレンズで一泊二日の山に登っています。

実際の写りや、使用感などは、次回の記事で書こうと思います。
もちろん高倍率ズームなので、写りをL単などと比較してはいけません。

 

ちなみに、記事TOPのEOS 6D Mark IIのパロディー画像は、実際に購入したカメラとレンズです。
もちろん、EOS 5DsR + EF100mm F2.8Lマクロ IS USM で撮影しています。

本職の利を活かして遊んでみました。

「 山 ライフ! 」

Nikon D5500 + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM レビュー 」へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です