スポンサーリンク

仕事の都合上、どうしても50mm付近のマクロレンズが必要になり、価格comで探していて気づいたのですが、なんとCanonの50mmコンパクトマクロがありません….。

Canonのwebサイトを見ても商品一覧に無いので、いつの間にかディスコンになっていたのですね。
でも、何故か「ライフサイズコンバーター」だけは、まだ売ってるみたいです。

で、価格comで検索すると、EFマントフルサイズ対応の50mm付近のマクロレンズは、他社製品含めて全然無く、唯一あったのがMilvus 2/50M。

おぉー、Milvusしか選択肢がない..。
「Milvus買う」か、「仕事を失う」かの究極の選択状態です..。

「Canonさん50mmマクロお願いしますよ..」等と独り言を言いながら、仕方なくMilvus 2/50Mを購入。

Milvusは、50mmも100mmも0.5倍のマクロレンズです。
本当は、等倍マクロだったら良かったのですが、選択肢がありませんので仕方ありません。

ちなみに、Milvusに「ライフサイズコンバーター」つけたら等倍になるんですかね?
でも、70mmになっちゃうからダメか。

で、届いたのがこちら。

ZEISS Milvus 2/50M ZE

無駄に豪華な箱です。
まぁ、高いレンズが段ボール箱だったら、それはそれで嫌ですが。

EOS 5DsRに付けるとこんな感じ。

ZEISS Milvus 2/50M EOS 5DsR

青いリングがちょっとかっこいいです。

もちろんフードは、金属です。

ピントリングは適度に重く、回転角も大きいので回していて気持ちいいです。

ちなみに、この前購入した「EF40mm F2.8 STM」は、ピントリングがモーター駆動なので、アナログ人間の私には「繋がってない感」に少し違和感を感じます。

で、レビューと言うほどの物でもありませんが、取りあえずそこら辺にあった物を撮って見ました。

ストロボ1灯で、ピクチャースタイル「ディティール重視」、絞り「F8」です。

ZEISS Milvus 2/50M

なんかちょっと良さげ。

解放付近の絞りで逆光気味のアンダー目に撮ると味が出そうなレンズです。

ピントの合った部分の等倍切り出し画像です。

ZEISS Milvus 2/50M

バッチリです。

と言うか、「ディティール重視」のデフォルトで「アンシャープマスク」、強さ「4」、細かさ「1」、しきい値「1」なのですが、これでもシャープネスがちょっと強いくらい。

EOS 5DsRでも、解像力不足なってことは全くなさそうです。
これなら安心して仕事で使えます。

細かいレビューは、しばらく使い込んでから書こうと思います。
取りあえず、仕事頑張ります。

今回は、ここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です