スポンサーリンク

注文している「SEL24105G FE 24-105mm F4 G OSS」が全く来る様子が無く、非公式のレンズのみでは本領発揮できず、ついにしびれが切れてしまったので「SEL35F28Z Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA」をポチッとしてしまいました…。

 

まんまとSonyさんの作戦に引っかかってしまいました。(何が?)

で、こんな感じ。

Sony α7R III + SEL35F28Z Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA フード

何だか機能的なフードなんだと思うのですが、見た目が「モンスターズインク」の様な、「ミニオンズ」の様な何ともいえない見た目。

何かの目玉にしか見えません。

 

で、またしてもネットでポチッ..。

 

じゃじゃん。

Sony α7R III + SEL35F28Z Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA メタルフード

うーん、格好いい!!

これで行きます。

 

しかし、このレンズ、この機能的なフードの為のレンズキャップしか付属していません。

レンズキャップの直径は40.5mm。

Sony α7R III + SEL35F28Z Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA フード 40.5mm キャップ

レンズのフィルター経は49mmなので、フードを外してしまうと、このレンズキャップはつかないのです。

 

たまたま49mmのNEX用レンズを持っていたので、ちょっと拝借。

Sony α7R III + SEL35F28Z Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA 49mm レンズキャップ

決して安いレンズでは無いので、49mmのレンズキャップも同梱して欲しいです。

 

新たに購入したメタルフードにつけてみるとこんな感じ。

Sony α7R III + SEL35F28Z Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA メタルフード 49mm レンズキャップ

このメタルフードはレンズキャップが付くものの、引っかかりが浅いのでこのまま持ち歩いてると、気付いたらキャップだけ無くなっていると思います。

あくまで保管時用で。

 

で、本題のレンズ本体の方ですが、コンパクトでとても軽いので、せっかくのミラーレスのコンパクトさを損なわないのが良いですね。

普段使いにはちょうど良い大きさです。

私的には、開放がF2だったら良かったのですが。

 

で、焦点距離35mmなので、フルサイズ一眼としては基本中の基本の画角。

スナップだったら、28mmの方が好きなでEOS 6Dの時は28mmを良く使っていたのですが、α7R IIIでは改めて35mmを使い込んでみようと思います。

 

ZEISSは、マニュアルフォーカスレンズのあのフォーカスリングの滑らかさがとても心地良く魅力なのですが、このレンズはオートフォーカスなので、フォーカスリングはスカスカです。

仕方ないですね。

まぁ、「ZEISS」信者の私にとって、レンズの横の青色ロゴが全て。

コンビニでビールの缶にこのロゴが付いてれば、間違いなく購入してしまいます..。

ZEISS BEER

今回は、ここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です