スポンサーリンク

Really Right Stuff リアリーライトスタッフ BA9 BasePlate SONYα9/α7III/α7RIII用 ベースプレート

Really Right Stuff (リアリーライトスタッフ) BA9 BasePlate SONY α9/α7III/α7RIII用 ベースプレートをついに購入しました。

Sony α7RIIIを購入してから、所謂「小指あまり」がずっと気になっていたのですが、多忙だったこともあり、かなり長いこと放置しておりました。

で、最近になって α7RIII を仕事で使うことになり、ついに購入を決意。

小指あまりを解消するためのものは、各社色々あって結構悩みました。

一番最初に検討したのは、やっぱりSONY純正の「グリップエクステンション」。

 
純正なので安心感は絶大なのですが、つけたままバッテリーが交換できないことと、カメラを机などに水平に置けないことが私にとっては大きなマイナスポイントに。
 
 
で、それ以外をネットで物色してみると、アルカスイス互換の「L型ブラケット」系か、底面のみの「ベースプレート」系の物が殆ど。
 
 
仕事のキヤノン機には、縦横すぐに変える必要があるので「L型ブラケット」をつけていますが、α7RIIIは趣味のカメラで殆どが手持ちのスナップ撮影。
 
三脚を使うことは殆ど無く、せっかくの軽量ミラーレスが「L型ブラケット」で重くなっても嫌なので「ベースプレート」タイプを検討。
 
 

INPON エクステンショングリップ Sony α7III/α7RIII/α9 小指掛け専用 アルカスイス互換 1/4″ネジ付

VBESTLIFE L字型フリープレート クイックリリース Lプレートブラケット 高耐久性 横縦撮影用 Sony A7M3/A7R3/A9カメラ対応(レッド)

 

INPON クイックリリースプレート アルカスイス互換 1/4″ネジ付 Sony α7III/α7RIII/α9 小指掛け専用

 
上の様な中国製の安価なものが結構あるので色々悩みましたが、一応仕事で使っても不安にならなそうな物と言うことで「Really Right Stuff の ベースプレート」を選びました。
 
L型にしたい場合は、後から縦位置用のパーツ部分だけを買い足すこともできます。
 
 
「Really Right Stuff」は、「銀一」さん(いつも仕事でお世話になっております)が代理店になっているようで、amazon等では売っていないので、「yodobashi.com」で購入しました。
 
Really Right Stuff リアリーライトスタッフ BA9 BasePlate SONYα9/α7III/α7RIII用 ベースプレート
 
 
小さめのレンズでしたら、机等にカメラを水平に置けます。
 
安定感抜群!!
 
もちろん、底面はアルカスイス互換のクイックリリースプレートになっています。
 
 
Really Right Stuff リアリーライトスタッフ BA9 BasePlate SONYα9/α7III/α7RIII用 ベースプレート
 
 
私は取り立てて手が大きいという方ではないのですが、上の画像左の様にベースプレートがないと小指がグリップからハミ出ます。
 
ベースプレートを付けると実測で「11mm」程グリップが伸びるのですが、「11mm」程度でも小指がはみ出ることがなくなりました。
 
 
 
色々なレンズを付けてみると下の画像の様な感じで、とてもグリップしやすくなりますので、大きいレンズでも右手の疲れがかなり軽減します。
 
素のままですと、「FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G」程度のレンズでも長時間撮影していると右手が結構痛くなります..。
 
 
Really Right Stuff リアリーライトスタッフ BA9 BasePlate SONYα9/α7III/α7RIII用 ベースプレート
 
 
置いたときの安定感もとても良いです。
 
 
 
高いだけあって、物自体はちゃんとしています。
 
 
Really Right Stuff リアリーライトスタッフ BA9 BasePlate SONYα9/α7III/α7RIII用 ベースプレート
 
 
ベースプレート自体に取り付けの為の六角レンチが収納できます。
磁石でくっついてるので、「知らない間に無くなっている」ということも無さそうです。
 
 
ちなみに、ベースプレートのみの重さは、実測「86g」、ベースプレートと六角レンチ合計で実測「95g 」です。
 
Zバッテリー1個が実測「83g」なので「六角レンチ無しのベースプレート」と「Zバッテリー1個」が同じくらいの重さです。
 
 
また、ベースプレートを付けたままバッテリー交換できるようにするには、バッテリー室の蓋をベースプレート側に移設する必要があるのですが、密閉性を確保するためにバッテリー室があたる部分周辺にスポンジがついています。
 
まぁ、防塵防滴性能は確実に下がると思いますので、不安な方はバッテリーが交換できなくなりますがカメラ本体に蓋を付けておいた方が良いと思います。
 
 
Really Right Stuff リアリーライトスタッフ BA9 BasePlate SONYα9/α7III/α7RIII用 ベースプレート
 
 
ちなみに、バッテリー室の蓋は、下の画像の通り赤枠部分の「三角の出っ張り」を下にさげると、蓋の付け根の出っ張りが引っ込むので、簡単に付け外しができます。
 
α7RIII バッテリー蓋 取り外し
 
 
ベースプレート側に移設したのが下の画像です。
 
Really Right Stuff リアリーライトスタッフ BA9 BasePlate SONYα9/α7III/α7RIII用 ベースプレート
 
 
 
問題なくバッテリーが出し入れできます。
 
 
 
元々のカメラの大きさをこのくらいにしてくれれば、ベースプレートを購入する必要がないので、そのあたりは「NikonのZシリーズ」くらいがちょうど良い大きさなのかもしれません。
 
小指があまって困ってる方、いかがでしょうか。
 
今回は、ここまで。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です