MacBook Pro 16 Image

前回の「 MacBook Pro 16インチ レビュー 」に引き続き、今回は毎度恒例の「RAWデータ 現像スピード比較 MacBook Pro 16インチ 2019編」です。

新しいMacが手元に来る度にこれをやっていますが、何の意味があるのかと問われたら正直良く分かりません。。。

毎度同じですが、各カメラのRAWデータ10枚を「 Ditigal Photo Professional 4 (DPP4)」 で「 8bit Tiff 」に現像し終わるまでの実測時間です。

 

で、もう早速結果です。

 

5DsR

5D4

5DsR-M

6D

MacBook Pro 16

1分39秒

1分3秒 

50秒  

38秒  

※「 5DsR-M 」の項目は、「 EOS 5DsR 」の「 M-RAW 」のデータです。

中々速いですね。

 

以前に計測した他のMacとの比較です。

速い順に並べました。

 

 

5DsR

5D4

5DsR-M

6D

Mac Pro 2019

1分12秒

44秒

37秒

27秒

Mac mini 2018

1分36秒

1分00秒

49秒

37秒

MacBook Pro 16

1分39秒

1分3秒

50秒

38秒

iMac 27 2017

2分14秒

1分20秒

1分4秒

51秒

Mac Pro Late 2013

2分20秒

1分25秒

1分9秒 

54秒  

 

最速は、「 Mac Pro 2019 」です。

やっぱり一段階レベルが上ですね。

価格的に、最速じゃないと困りますが..。

 

話は逸れますが、「 Mac Pro 2019 」は「速いですか?」とよく聞かれます。

最近のMacはどれもSSDなので、普通に使用していて「 Mac Pro 2019 」が速いと感じる場面はあまりありません。

どちらかというと、負荷をかけていっても「へこたれない」感じで、何か「底力」みたいなものを感じます。

「 MacBook Pro 13 」は、ネットなどを見ている分には良いのですが、負荷をかけるとすぐにへこたれてくる感じがします。

 

 

「 MacBook Pro 16 」は、「 Mac mini 2018 」と殆ど同じですが微妙に負けてますね。

ちなみにスペックは、下記の通りです。

 

 

CPU

GPU

メモリ

SSD

Mac mini 2018

3.2GHz 6コアIntel Core i7

Intel UHD Graphics 630

32GB  

1TB  

MacBook Pro 16

2.3GHz 8コアIntel Core i9

AMD Radeon Pro 5500M 4GB

16GB  

1TB  

 

「 Mac mini 2018 」に微妙に負けたのは「メモリ」のせいでしょうか。

CPUは、どこかのベンチマークテストで「 MacBook Pro 16 」の方が上だったと思います。

ことDPPでRAWデータ現像に関して、「 Mac mini 2018 」は侮れません。

「 Mac mini 2018 」+「eGPU」がきちんと動作するのであれば、デスクトップ機としてそれも「 有り 」かもしれません。

 

「 Mac mini 2018 」に微妙に負けてしまいましたが、「 MacBook Pro 16 」は本当にデスクトップ並の性能のノートPCなので、余程のことがない限り性能に不満を感じることは無いと思います。

とても良いノートPCです。

今回は、ここまで。

 

Mac Pro 2019 レビュー その2 RAWデータ 現像スピード比較編 」へ

RAWデータ 現像スピード比較 Mac mini 2018編 」へ

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です