スポンサーリンク

前回の「RAWデータ 現像スピード比較」では、色々なMacでRAWデータの現像速度を比較しました。

今回は、6月6日に発売されたばかりのiMac 2017 27インチで現像テストすることができましたので、そのレポートです。

テストに使用したのは、iMac 2017 27インチ。
アップルストアで言うと真ん中のモデルをCTOでメモリを16GBに増設と、1TB SSDに変更したモデルです。

詳細スペックは、下記の通り。

CPU : 3.5GHzクアッドコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大4.1GHz)
メモリ : 16GB 2,400MHz DDR4
ストレージ : 1TB SSD
macOS Sierra 10.12.5
 

メーカー製品ページ
iMac 27 2017

元々税別で220,800円がCTO後に319,800円になるモデルです。

中々良いお値段です。

マウスとキーボードがどちらもワイヤレスの充電式で、キーボードは、テンキー付きなので中々良さげ。
マウスと違って裏面ではなく背面に充電用のLightning端子があり、充電しながら使用できるのも◎。
別途キーボードだけ単体で欲しくなりました。

また、画面がとても大きく感じます。
普段EIZOのCG277の27インチを使用しているのですが、同じ27インチとは思えないくらい大きく感じます。

そして、なんと言っても5Kの名の通り、2,560ピクセルの倍密度の5,120ピクセルは伊達ではありません。
Retinaディスプレイは、本当にきれいです。

このiMacのディスプレイを見た後にEIZOのCG277を見ると、ガビガビしている様に感じます…。

まあ、画像処理では、「きれいさ」より「ドットバイドット」で表示されることの方が重要なので。

と、完全に負け惜しみ状態..。

 

で、気を取り直して、早速現像速度を実測してみました。

使用したデータは前回と全く一緒で、5DsR、5D4、5DsR M-RAW、6DのRAWデータ各10枚を 8bit / TIFF に現像し終わるまでの実測時間です。

DPPのバージョンは、4.6.10。

で、結果です。
前回の表の一番上に足してみました。

じゃん。

 

5DsR

5D4

5DsR-M

6D

iMac 27(2017)

3分12秒

1分52秒

1分16秒

1分12秒

Mac Pro(Late 2013)

3分39秒

2分9秒

1分44秒

1分22秒

Mac Pro(Mid 2012)

5分3秒

2分57秒

1分55秒

1分53秒

iMac(Late 2013)

4分47秒 

2分49秒 

1分52秒

1分45秒

Mac mini Server(Late 2012)

4分26秒

2分36秒

1分42秒

1分40秒

MacBook Air(Mid 2013)

6分32秒 

3分46秒

2分18秒

2分25秒

MacBook(Early 2016)

8分49秒

5分35秒

3分8秒

3分45秒

 

もう、お気付きかと思いますが、そうです、MacPro(Late 2013)を超えてしまいました。

視覚的に分かりやすい様に、前回同様、グラフにしてみました。

現像速度比較グラフ2

5,000万画素の5DsRのRAWデータ10枚現像するのに、3分ちょっと。
速いですね。

2,000万画素の6Dなら、10枚で1分少々。

年末に出るiMac Proだともっと速いんでしょうか。
恐るべし、iMac。

私は、来年出るMacProを気長に待とうと思います。

RAWデータ 現像スピード比較 MacBook Pro 2017編

2 thoughts on “RAWデータ 現像スピード比較 iMac 27インチ 2017編”

  1. そう、まさにこのRAW現像のためにiMACを新調しようと思ってたところでのこちらの記事!大変参考になりました。もういくしかない!

    1. コメントありがとうございます。
      やっぱりデジモノは、新しい方が良いみたいですね。
      記事でも書きましたが、私はMacProを気長に待ちます。
      –シャチ–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です