スポンサーリンク

 

今年1月に発表されていた Sony 「α7R III」(ILCE-7RM3)と「α7 III」(ILCE-7M3)の本体ソフトウェアアップデート(Ver.3.0)が提供開始されました。

事前のアナウンスでは、「大型アップデート」とのこと。

アップデートの詳細は、下記の通りです。

  1. リアルタイム瞳AFの動物対応
  2. リアルタイム瞳AFがシャッターボタン半押しやAF-ONボタンに対応
  3. インターバル撮影機能の追加
  4. ワイヤレスリモートコマンダーRMT-P1BT[別売]に対応
  5. 操作性改善
    • カスタムキーに割り当てできる機能に”MENU”を追加
    • FnボタンによるMENUタブの操作
  6. その他の動作安定性向上

アップデートは、実質15分くらいかかりました。

意外と時間かかるので、暇な時にやった方が良いみたいです。

 

で、早速、私の愛機「α7R III」をアップデートして「リアルタイム瞳AFの動物対応」を試してみました。

近くに動物がいなかったので、以前に撮った動物の写真でテスト。

 

 

どのようなアルゴリズムかわかりませんが、ずっとリスザルの目を捕捉してますね。

面白いですね。

本当の動物でこのくらい捕捉してくれたら、撮影がとても楽にできそうですね。

更に、シャッターボタン半押しで「瞳AF」ができるようになるので、以前より断然便利になりました。

 

ちなみに、「動物」と「人」は、同時に検出できません。

設定で「動物」の瞳を検出するか「人」の瞳を検出するかを選択するようになっています。

いちいち切り替えるのが、ちょっとだけ面倒ですね。

切り替え無しで使えるように、そのうちアップデートで対応してもらえると良いですね。

 

インターバル撮影も嬉しいアップデートで、そのうち試してみたいと思います。

最近のミラーレスカメラとしては、できないことがちょっと不思議でした。

 

また、今回のアップデートで、全体的なレスポンスが僅かですが良くなっているようです。

メニュー操作とか、絞り値の変更とか、電源ONにしてから撮影できるまでとか、微妙に良くなっているように感じます。

本当に僅かな差だと思いますが、その「僅か」が意外と操作感に大きな違いを感じます。

アップデートによる機能削減等の弊害はなさそうなので、まだの方は是非アップデートしてみてはいかがでしょうか。

 

こういったレスポンス改善などのアップデートは、ユーザーにとってとても良いアップデートだと思います。

今回は、ここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です